Confiture

Culture・Art・Technology・Ad…これまでにない新感覚の素材やスパイスを紹介するBlog
How do you feel it? Well, it’s all yours!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
展覧会とタイアップ(六本木ヒルズ:Sky Aquarium.3)
 先週末は、六本木ヒルズのSky Aquarium.3を見に行ってきた。
今回で三回目となる東京シティビュー内に作られた特設会場で開催される期間限定の水族館は、過去二回で50万人も動員している人気のプログラムで、実際、第一回から毎回必ず足を運んでいたりする。
いやー水族館大好きっ。



上の写真を見てもらえば分かるが、本当に心奪われるような美しい水槽が大量に並んでいるわけで、毎度毎度なぜか昼間に見に行っているが、改めてこれは夜に見に行くものだと反省。

今回の展示でとても面白かったのは、NTTDoCoMoがスポンサーといてタイアップの水槽を幾つかもっていたこと。
展示としては、夏の新シリーズで発売されている防水機能付き携帯機種のデモンストレーションという分かりやすいものであったが、綺麗な魚が泳ぐ水槽の中に沈んでいる携帯電話と企業ロゴってのは、違和感がありながらも、機能の説明にはとっても適したシチュエーションだなと思った。

かつてハンディビデオカメラのザクティのブロガーイベントに参加した際に、防水機能付きの機種を水槽の中に浸して撮影させるというデモンストレーションをやっていたのを思い出した。

しかし企業主導のイベントでデモンストレーションされるのと、こうして、展覧会の中にスポンサー水槽があり、美しい魚と一緒に展示されており、なおかつ、熱帯魚デコメのDLコーナーも設けられているとなんだかちょっと嬉しくなる。
トンマナはSkyAquarium.3の雰囲気を壊さないように、移動通路の途中に楚々と置かれた水槽での展示だったし、DLしたデコメは早速、アクアリウムの話を友人にしたメールで使った。

大人気のコンテンツの来場者数と、二次元バーコードによるDL数とを勘案すれば、費用対効果も算出できるし、なかなか良いプロモだと感じた。


さて、この美しいSky Aquarium.3は残念ながら今週末で終了してしまう。
夜は23:30最終入場なので、仕事の帰りにもう一回見に行ってみたいと思う。
| turbo10 | Ad | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
H&Mとユニクロ、どう違う?
H&M渋谷店がいよいよOPENする!ということで今週はYahoo!でバナーがまわっていた。
現に、渋谷OPENのニュースを知ったし、こうやってブログに書くとなると、バナー効果も高いのか。

書こうと思ったのは、バナーの件ではなく、サイトとブランドのお話。
H&M日本上陸時からサイトは定期的にチェックしてるし、メルマガ登録もしているけど、アクセスする度に外資の匂いを感じる。
(メルマガが常に、ファッショニスタへ。という文面で始まる所は個人的に好き。)
お気に入りのコーディネートをサイト内で試着したり体験できる点や、ファッションビデオがあったり、日本のアパレルブランドにはない点。
なんといってもFacebookを活用している点とかは大きい。ブログ添付機能は当たり前、Facebookへのコメント機能がある。
正直、日本でFacebookユーザーがどれだけいるか・・・は検討すべき点かもしれないし、本国は承知の上かもしれないけれど、
海外では珍しくないことでも、日本のアパレルは全然こんなことしないから珍しい。
低価格商品ばかりを取り揃えているはずなのH&Mが、日本である種ブランドとして確立できるのは、こういう所があるからだ。

その他にも定期的にイベントやっていたり、メルマガ会員だけに、ファッション関連の映画の試写をプレゼントしたりと、細かい。
渋谷OPEN前日9/17にもイベントが開催されて、25%OFFショッピング。ってことなんだけど、
パーティーとセレブリティDJパフォーマンスがあるんだって。

¥2,980の洋服を売るブランドがこんな催しをするなんて、
¥1,980の洋服を売るブランドがこんな発想をするだなんて、
日本じゃなかなか考えにくい。

¥2,980の洋服を売るユニクロは、格好いいサイトを立ち上げて、アップルみたいな格好いいCMを流して、
「安い」+「質」にいま「世界感」足そうとしている。
H&Mは「安い」けど「質」はすごく良いわけではなく、ただ「セレブ感」ってものを持っている。

アパレルのブランドって質はもちろん大切なんだけど、空気感を作ることが大事だし、それを買ったときの心理的な満足感が大事だから、
ユニクロには満足感が足りないと思う。
一方で、H&Mは安いだけでない「質」も今の価格帯で加われば間違いなく、
日本アパレルの脅威だと思う。
| yoko | Ad | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こち亀
最近は初回視聴率がキムタク主演某ドラマより下回ったことや花火撮影で警察沙汰になったことが話題になったが、TBSの番宣力は物凄い。
今回のキャスティングについてネットでは「アニメ版で両津の声を担当し、舞台でも両津の役を演じていた、ラサール石井さんこそ両津には適役」
という意見も多数あったり、ラサールさんのブログにも
「石井さんじゃないんですか?」「石井さんはそれで良いのですか?」などの意見が寄せられていたとのこと。

こち亀はじめ、長年のファンがいる漫画大作はドラマ化、映画化は、”あたる”か”はずすか”が激しい。
「ごくせん」や「ROOKES」のようにドラマとしてヒョっと出てきて、ヒットしたし映画も・・・なんてのは
もともとリアルな人間によってつくられた演出が、テレビからスクリーンに画面をシフトしただけで単純だけれど、
両津さんは紙から生まれた人で、30年も続いている作品だから、当時12〜18歳で読み始めた人は現在42〜48歳になっているわけで、
アニメ化まではいいけれど、リアルな人間でどこまで世界観を出すのかってセットとかの問題じゃない気がする。
そう考えると、キャスティングも速水もこみちや香里菜が響くのか・・・も謎。
番組見なくても番宣だけでお腹いっぱいになったわけだけど、葛飾柴又の哀愁感や下町っぽさとか「情緒」の部分は、物足りない気がした。

面白いのは「花男」や「NANA」や「のだめカンタービレ」なんかの少女漫画はさらっとリアルに落としこめること。
少年漫画でも「クローズド」や「20世紀少年」「デスノート」「バトルロワイヤル」なんかは成功したけれど、
要は、ストーリーや登場する人物が、現実世界の話や人間だとかに限りなく近い作品はいいけれど、
主人公がキャラクターとして確立される域まできた作品は、実写化はなかなか厳しいと思う。

その点では「ヤッターマン」は興行的には成功したのかな。

でも、30周年記念のこち亀サイトは立派だし、電車の中吊りのシール配布なんかは印象的だし、TBSとしても勝負どころが伺えた。





| yoko | Ad | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
駅にいる人が動かなくなる。とか色々。
 T-mobileに続き、面白いゲリラが続出している。

【動かなくなる人たち@N.Y】


【ふたごちゃんたち@N.Y】


【踊る人たち@Belgium】


今は周りの眺めている反応とかをおさえてバイラルが主流だけど、きっと進化版は周囲の人をどんどん巻き込んじゃった系だと思う。
そういう意味では、ディズニーランドの一緒に踊れちゃうパレードとかは見本なのかも。
日本だったらどこの駅でどんな商材が合うだろう。

| yoko | Ad | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キャラクターロゴ

世の中の人に愛されるキャラクターロゴ。

なんだかすごいカッコいい、洗練された「クリエイティブ」っていうよりも、

どこか懐かしい匂いがして、親しみやすい感覚。

嫌いになれない感覚。

ひとつ間違えれば ダサい という表現をされてしまうかもしれない その感覚。

なんだかこれを見てると、言葉にしにくいけど、

あーこんな感じね、うん。っていうのが感覚的に分かる気がする。







むしろ、

愛されるキャラクターは全体的に丸みがあって、目も丸くて、とか細かい云々より、

この場合は感覚で受け止めたほうがいい気がする。

さっきコンビニいって思ったこと。


| yoko | Ad | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ディスカバー知床〜FireFox3.5のLaunchプロモーション。
Discover Shiretoko

FireFox3.5のキャンペーンサイト。

CBC-NETより引用

間もなく正式リリースされるFirefox の最新バージョン Firefox 3.5(コードネーム= shiretoko)のキャンペーンサイト「Discover Shiretoko」が、Mozilla Japan知床財団のコラボレーション企画として公開された。

同サイトは、コミュニティに支えられる Mozilla とボランティアの力で支えられている知床財団のストーリーを併せて読めるコンテンツを公開することで、それぞれの理念や活動について多くの人に認知してもらう機会を設け、未来の環境を変えるのは、ひとりひとりの力であることを広く訴えかけることを目的としている。

また、同特設サイトでは「バナーの樹」と名付けられたキャンペーンバナーを配信している。このバナーは従来のバナーとは異なり、バナーの中にある樹が誘導数に応じて日々育っていく。ブログやサイトにバナーを貼った人々の繋がりは、 「Discover Shiretoko」と連動する「interFORest」というプロジェクトのサイトにて、知床をモチーフにした大地に広がる樹として視覚的に確認でき、サイトを訪れた方人にも楽しめるようになっている。
この「interFORest」プロジェクトをMozila Japanと共同で手がけているのが、慶応義塾大学の筧康明研究室


知床 x FireFoxの読み物コンテンツの強引さも、あまり気にならないエディトリアル力。
ボランティアの力で広がったFireFoxの強みはその清清しさ。
直球のコミュニケーションできちんとその目的と役割を伝えても、ゆがみの無い足腰の強さ。

FFが出た頃からのユーザーではあるが、最近はあまり積極的にFFを使っていなかったが(Chrome先生が・・・)また使おうかなと思い起こさせる良質のコンテンツ。
是非一度お試しあれ。


| turbo10 | Ad | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
可愛い格好いいローディング画面のみ大集合!
数年前までは、Webコンテンツ制作において、結構流されがちな存在だったローディング画面。
最近は閲覧者にコミュニケーションできる機会としてだんだんと注目を集め、いまでは、このローディング画面を見るだけで、コンテンツ製作者のコダワリ、気合の入れようが分かるみたいなバロメーターにもなっている気がする。

そんなローディング画面だけを徹底的に集めたのが、このサイト。

PRETTYLOADED

2002年から2009年までの秀逸なローディング画面が集められている。
これは勉強になる。

隙間産業ならぬ隙間コンテンツだけど、表現においてはとっても大事だったりする。

小さなコダワリが大きな結果につながったりする。
| turbo10 | Ad | 12:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ディスプレイ広告に押し寄せるソーシャル化の波。
TechCrunchに掲載されていた記事に注目すべき広告商材が出ていたので共有。
[SocialMediaが新インタラクティブ広告を発表。IDGがパートナーに]
SocialMediaは、これまでソーシャルネットワーク広告に大きく重点を置いてきた広告会社で、この現状を変えようとしている。同社は、新しいインタラクティブ広告シリーズの提供を開始し、全体を「People Powered Ads」(仮訳:人力広告)と名付けた。ブランドがウェブのソーシャルな力を生かして、これまで以上に人を引き付ける広告を作れるようにするものだ。この発表に合わせて、同社は出版大手のIDG社が最初のパートナーになり、広告キャンペーンを展開するとともに、「People Powered Ads」のカスタマイズ版をIDG自身のAmplifyブランドで販売することを発表した。


幾つか新しい広告商材がのっているが、例えば「TwitterPulse」。

最新のつぶやきを、企業の商品名やブランド名をハイライトして表示する(カスタム版の埋め込み用Twitter検索といえる)。例えば、AppleがiPhone用のユニットを作れば、この人気デバイスについて語られた最新5件のつぶやきが表示される。この種の広告は非常に魅力的であると同時に、ブランドにとって脅威なのは、その商品を愚弄するつぶやきが表示される可能性もあることだ。これを補うためにSocialMediaでは、フランドが独自のフィルターを作り、ネガティブコメントや冒涜的なコメントを取り除いて選ばれたユーザーのつぶやきだけを表示できるようにしている。

ディスプレイ広告にTwitterのFeedをFilteringした上で配信をすると考えればいいんだろうか。
AMNのソーシャルアドのTwitterFeed版なイメージ。
とにかくだ。
ソーシャルなものに皆が引かれている大きな要因は「友人・知人のオススメ」的な「生活者意見の信憑性」であるからして、企業からの一方的な情報提示である今までの一般的広告手法はなかなか生活者の興味をひきつける事が一層難しい状況になる事は容易に想像できる。
その兆候は現状のディスプレイ広告を活用してCPAを重要視している通販コスメや健康商材のクリエイティブを見れば一目瞭然で、なんとかして、自社メッセージを他人に語らせているように見せる事に躍起になっている。(擬似使用感だったり、コンプレックスイメージの醸成だったり・・・)

Twitterはまさにライフログ的なクチコミの宝庫で、そのTwitの中からブランドに対しての評価を取り出して広告に載せられれば、ディスプレイ広告がもっている「タニンゴト感」を払拭できる気もするが、フィルターをかけてネガティブなものが一切出ないようにするという主に対しての配慮は、広告会社が販売をする以上は必要な機能だとは思うのだが、その徹底度により、どこまでそのクチコミにチカラが宿るのかが微妙な所だ。

ソーシャルメディアビジネスがなかなかマネタイズできないのもここら辺のバランスに精緻さを求められるからな気がしている。
うーんまだまだ研究が必要だなぁ。

| turbo10 | Ad | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
KRAFTがFacebook上で新しいサービスを提供
iFood Assistantを見たときは「これぞ企業の新しいコミュニケーションだ!」と感心したが、そのiFood Assistantを出したKraft社が新たなサービスをリリース。



Zingrというこのサービスは、Webの記事や写真などに自由にコメントを書き込むことができるというもの。

コメントはポップアップで表示され、Facebook Connectを通じて友達とも
シェアできるため、なにかおもしろいものを見つけたら自分なりの味付けをして、
友達に伝えることができる。


サービス単体として見てもかなり面白そうなものなのだが、
このサービス、なんの商品に落とされているのかというと、
「miracle whip」という野菜スティック用のディップソース。

アメリカではおやつ代わりに野菜をディップソースに入れて生で食べることが
よくあるが、そもそもあのディップソース自体が高カロリーなんじゃねーかっていう
くらい味の濃いもの。
そこででたのがマヨネーズと比べてカロリー半分(0カロリーのやつもある)の
miracle whip。
カロリーが低くても「味はトーンダウンさせません。」という訴求を、
「Web上でもトーンダウンさせないコミュニケーションサービス」
というところに落とし込み、Zingrというサービスが生まれたよう。

ディップソースを使ってでしか野菜を食わないよーな若者向けのサービスを
提供することで、商品に近づけていくというのが狙いなのだろう。


前回のiFood Assistantと比べると商品への落ち方はちょっと遠いが、
いずれにせよ「サービスとしてのコミュニケーション」に合致したキャンペーンだ。


| gao | Ad | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新聞社がブロガー記者を募集中
映画「消されたヘッドライン」がブロガー記者を募集中。

秋葉原駅ホームの広告

映画に登場する「ワシントン・グローブ」の専属記者として、自分のブログを登録。
記事はなんでもいいらしいのだが、とにかく書きまくってユーザーランキングを上げていくと、豪華プレゼントがもらえるらしい。

http://www.washingtonglobe.jp/wanted.html


この映画、内容を見ていくとけっこうおもしろそうなんだけど、邦題がダメな気がする。。。

| gao | Ad | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ドーナツ・ブーム到来??
    yoko (06/16)
  • 可愛い格好いいローディング画面のみ大集合!
    turbo10 (06/03)
  • 可愛い格好いいローディング画面のみ大集合!
    moro (06/02)
  • 世界のヤクルト
    izumi (04/28)
  • athomeのデジタルサイネージ
    gao (02/03)
  • athomeのデジタルサイネージ
    turbo10 (02/02)
  • 今の寒さに最適なジャケットをオススメしてくれるインタラクティブバナー
    turbo10 (01/27)
  • 表参道ヒルズ"LUXURIOUS MOMENT Ruby Christmas"
    dekin (12/16)
  • @東京ミッドタウンのX'MASイルミネーション and...
    N.T (11/26)
  • 英国発☆無料携帯ネットワーク
    p-article (11/17)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ TOKYO ART BEAT
+ UNIQLOCK
+ LANCOME
ランコム ローズ マガジン
+ COACH
+ プーペガール☆yoko
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
+ RECOMMEND
知識創造企業
知識創造企業 (JUGEMレビュー »)
野中 郁次郎,竹内 弘高
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ SPONSORED LINKS